長崎ビワを丸ごと抽出
“ゆらぎ”を感じやすい肌から
笑顔で過ごす肌へ

ビワの葉ごころ オマモリジェルクリーム誕生

SHOP NOW

長崎の自然が育んだビワの恵み
長崎から、
健康肌ースキンケア
を目指して

長崎県では、農家はもちろん、山道や庭先にもビワの樹を見かけるビワ大国で、“初夏の宝石”と親しまれています。
歴史の中でも、ビワの葉をお茶にしたり、温灸に使用したり、ビワ酒やビワエキスとして、
毎日の健康増進を願い、家庭の自然療法の一つとして今日まで活用されてきています。
わたしたちは、このビワの可能性に注目しました。
さらに、農家では出荷されない廃棄するビワの有効活用も考え、ビワの葉ごころ オマモリジェルクリームを開発しました。

「ビワの葉ごころ」長崎ビワの最盛期、6月に手摘みで収穫
長崎県大村市の枇杷農家。現在ではご高齢のご両親に代わりに、一山に渡る枇杷を守り続けています。
農作物として扱わない自生するビワの山。
農薬や農業用の肥料などは使用せず、ただひたすら長崎の大地の恵みにより育まれた自然のビワは、
ご近所の方々の健康を守るために利用されてきました。
この手付かずの自然の産物を有効活用させてもらうため、一つ一つ手摘みで収穫します。

収穫したその日に、ビワの葉と果実をそのまま冷凍凍結。成分が損なわれないよう丸ごと封じ込めます。
冷凍凍結したビワは、工場にて、ビワの葉、果肉、果皮、種の成分を余すことなく溶解浸透液に浸してビワエキスを抽出。
肌の保護膜になるようジェルクリームに仕上げました。
ラベンダー、ゼラニウム、グレープフルーツ、ベチパー、イランイラン、パルマローザをブレンドし、ほのかな優しい甘みのある香りにしました。

外的刺激から守り、未然に“ゆらぎ”を予防し、自ら健やかさを保つように潤いで満たす。
健康肌ースキンケア
ビワの葉ごころ オマモリジェルクリームをお届けします。

家庭の自然療法
ビワの恩恵

3000年もの昔から、“大王薬樹”と尊ばれてきた、大自然の癒し。
古代インドの経典『涅槃教』では、ビワの樹のことを「大王薬樹」と呼び、ビワの葉を「無憂扇」として、人々の苦しみを取り除くために利用されてきたと文献が残っています。
日本では、奈良時代にビワは仏教とともに伝わり、光明皇后が創設した人々を苦痛から救う「施薬院」でビワの葉療法が施されたと伝えられてきました。
江戸時代には、ビワの葉に甘草、桂枝をブレンドしたお茶「枇杷葉湯」が夏負けや食あたりなどによいとして、
行商人が売り歩くのが夏の風物であり、ビワの葉を煎じた汁で行水をして、皮膚ただれを癒したともいわれています。

健康な肌

表皮、角質層全体が整い、紫外線、ホコリ、細菌、ウイルスなどの外的刺激を受けない。
心地よく汗をかくことができる。ターンオーバーが正常に働く。

ゆらぎやすい不安定な肌

皮脂膜が整わず、角質層が乱れ表皮がめくれ上がり、外的刺激が侵入しやすい。
肌内部の保湿因子も蒸散もしやすく、乾燥しやすい。

幸福が宿る健康な肌とは

健康な肌とは皮脂膜、表皮、角質層が整い、バリア機能が正常に働き、肌の常在菌のバランスが整っていること。
0.02mmの角質層が肌内部の水分の蒸散を防ぎ、外的刺激を防いでいます。
この状態により、好きなメイクや服を楽しむことができ、レジャーや運動をしたり、環境の変化にも動じず、毎日毎日が思い通りに過ごせるということ。
まさに、肌が健康だと、幸福を呼び込むことができるのです。

日常習慣であるスキンケアの役割

必要なのは“安心感”。健康な状態に守り抜く、予防としてのお手入れ
「自称・敏感肌」に対しては、日常習慣であるスキンケアの見直しが大切です。スキンケアが上手くいくと積極的に取り組み、自己回復力が上回ることがあります。
不安定なゆらぐ状態を常日頃から未然に予防するようなケアをし、肌の健康を守りながら、毎日を積極的に過ごしたくなる自信を与えることが、日常習慣のスキンケアのあり方です。

ビワの葉ごころ
オマモリジェルクリーム 50g

“ゆらぎ”を感じやすい肌へ、
「もう、だいじょうぶ」
安心感をお届けする

外的刺激から守り、未然に“ゆらぎ”を予防し、
自ら健やかさを保つように潤いで満たす。
健康肌―スキンケア

長崎ビワをあますことなく丸ごと使用し、
ビワ抽出エキスとして配合したコクのあるテクスチャーが、
肌にのせるとさらりとなじむジェルクリームタイプ。
肌の保護膜のように、顔から首まで全体を覆うつもりで塗布します。
肌になじませる瞬間に軽やかに広がる白い可憐なビワの花を思わせる、
ほんのり甘く柔らかな香りは気持ちを癒します。
あと残りしないので、他の化粧品を邪魔することがありません。
外出時には紫外線対策をすることをおすすめします。

● 使用方法

洗顔後、濡れていない清潔な肌に、パール大2粒を顔全体へ、隙間のないように塗布してください。
気になる部分に、いつでもご使用になれます。
※ パッチテスト済み(全ての方に皮膚刺激やアレルギーが起きないというわけではありません)

● 主要成分

ビワエキス、ビワ種子エキス、ビワ葉エキス

価格 3,500円(税別)

定期お届け便はこちら >

健康肌を通して、長崎県で活躍する方々を応援
ビワの葉ごころ 幸せごころ 応援プロジェクト

ビワの葉ごころは、長崎県から“幸せごころ”をお届けします

ビワの葉ごころは、長崎県で活躍するアーティスト、作家、職人など、長崎県から“幸せ”を生み出す方々の肌をサポートし、創作活動を応援していきます。
長崎県から生まれたさまざまな作品が、日本全国のみなさまの喜びにつながり、長崎県の活性化になることを、肌の健康を通して、今後、支援していきます。
創作活動により、手荒れや肌荒れを予防する手助けとして、ビワの葉ごころ オマモリジェルクリームを無償提供します。

創作家
中山智介さん

長崎県大村市出身
銀細工・革工房「銀職庵水主」を営む

経歴
2008年 貴金属工芸の工房として起業
2009年 皮革工芸部門創設
同   年 地元長崎にて初個展開催
同   年 各地のクラフトイベントに出店開始
2010年 皮革材料小売り部門創設
同   年 専門学校非常勤講師拝命
2011年 工房増築ギャラリー併設
同   年 佐賀県にて異業種二人展開催同年Facebookページ開設
2012年 年ナガサキリンネ1出展
2013年 ナガサキリンネ2出展
同   年 長崎物産振興協会会員登録
2014年 日本橋三越の催事出展
以降、全国各地の百貨店催事に出展中
現在に至る

ご自身が使いたい財布が見つからない。では、作ろう!と創作活動を開始。「私の作品を気に入って使ってくださる方には、使い勝手はもちろんですが、人生の友として、長く使用してほしい」と中山さん。だからこそ、皮革、金属、糸など素材選びに吟味を重ね、薬品を使用せずに天然成分で一つ一つ丁寧になめし、仕上げていく。播州白なめしの作品は使い込むほどに風合いが増していく、使い手と作品が生み出す豊かなライフスタイルを考えた創作。

創作家として活躍する以前に、金属を扱う仕事に従事していたため、しばしば、金属アレルギーの相談を受け、ある結婚指輪でかぶれを起こした人からの依頼で、結婚指輪をアレルギー防止用に加工した経験も。肌アレルギーについて、皮膚科専門クリニックで相談しながら創作活動に従事している。

書家
佐藤鳳水さん(さとうほうすい)

長崎県大村市出身
5歳くらいから書道を始める。
筆ペン教室を営む傍、独自の表現を磨く。「字書き屋」と称し、書の枠にとらわれない字書きパフォーマンスを披露。
縦1.5m、横5mの大きな紙に向かって集中する圧巻のパフォーマンスに、式典や結婚式、小学校行事などイベントで喝采を受ける。
さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションも好評。
ビワの葉ごころがいち早く応援を開始。オマモリジェルクリームを使用中。